12. ビオンド「ローマ千年史」 初版 1483年 ベニス刊  [ビオンド ローマ センネンシ]

本書は古代ローマ帝国が衰えていく410年から1441年秋までの約1000年間を記述したイタリア通史の先駆的な著作である。ビオンド(1388-1463)はローマ教皇の秘書官として勤めた先駆的な人文学者であった。古代ローマの衰亡を研究した最初の歴史家と言われている。本書の最初のページには、16世紀になされた書き込みがあり、カトリック神学者で歴史家のニコラ・サンダース(1530-1581)の寄贈書である旨が記されている。インキュナブラとして貴重な資料である。

Historiarum ab inclinatione Romanorum imperii decades /

Blondi Flauii.
Octavianus Scotus, ; 1483].

全ページをご覧いただけます。ファイルが 8つに分割されています。
全ページのPDF その1
全ページのPDF その2
全ページのPDF その3
全ページのPDF その4
全ページのPDF その5
全ページのPDF その6
全ページのPDF その7
全ページのPDF その8

237/26 01095506
<書誌詳細表示>