「不思議な島々のみずうみ」 1897年  [モリス フシギ ナ シマジマ ノ ミズウミ]

「世界のはての泉」に次いでモリスとしては二番目に長い散文ロマンス作品。魔女に誘拐され奴婢として育てられた少女が、自由を求めて小船で逃亡し、みずうみの島々をめぐって行く物語。この頃のモリスは相当に衰弱しており、娘のメイが手伝ったと言われている。チョーサー・タイプ活字およびトロイ・タイプ活字を使用。二色刷。

The water of the wondrous isles /

by William Morris.
Kelmscott Press, ; 1897.

933/2005 01077547
<書誌詳細表示>