32. ビドロー「人体解剖学」 1685年 アムステルダム刊

近代解剖学の幕開きは、ヴェザリウスの「人体構造論」(1543)であるが、17世紀における解剖学の黄金時代は、オランダである。本書は、アムステルダム生まれのビドロー(Bidloo, Govard, 1649-1713)の解剖図である。全部で105図あり、それらはすべて生々しい写実的なもので、現代の解剖図と変わらないほどである。

Anatomia humani corporis

centum & quinque tabulis, per artificiosiss. G. de Lairesse ad vivum delineatis, demonstrata ...
sumptibus viduae Joannis à Someren, haeredum Joannis à Dyk, Henrici & viduae Theodori Boom, ; 1685.

491/127 00162705
<書誌詳細表示>