31. タルタリア「新科学」 1550年 ベネチア刊  [タルタリア シン カガク]

タルタリア(1499-1557)は16世紀のイタリア最大の数学者と言われている。彼は3次方程式を解く方法を発見した。本書は、弾道学、測量学、工学などについて書かれてあり、力学の歴史上、新しい出発点となった重要な著作である。しかし、彼の正確な力学的原理の説明や弾道を数学的に計算することは、ガリレオ(1564-1642)まで待たなくてはならない。初版は1537年に刊行されている。

La noua scientia de Nicolo Tartaglia con una gionta al terzo libro.


Stampata in Venetia per Nicolo de Bascarini a istantia de l'autore, ; 1550].

全ページをご覧いただけます。ファイルが 4つに分割されています。
全ページのPDF その1
全ページのPDF その2
全ページのPDF その3
全ページのPDF その4

423/33 01082913
<書誌詳細表示>