11. ギボン「ローマ帝国衰亡史」 初版 1776~1788年 ロンドン刊  [ギボン ローマ テイコク スイボウ シ]

エドワード・ギボン(1737-1794)は、イギリスの下院議員の子として生まれた。イギリスの歴史家。本書は、紀元180年のマルクス・アウレルウス帝の死から、1453年のコンスタンティノープル陥落までの1300年にわたるローマ帝国衰亡の歴史である。現在でもローマ帝国を研究する上での必読書になっている。

The history of the decline and fall of the Roman Empire /

by Edward Gibbon.
Printed for W. Strahan ; ; 1776-1788.

232/46/1 01077536
232/46/2 01077537
232/46/3 01077538
232/46/4 01077539
232/46/5 01077540
232/46/6 01077541
<書誌詳細表示>