29. マルサス「人口論」 増補改訂版 1803年 ロンドン刊

マルサス(1766-1834)はロンドンの南にあるドーキング生まれ、イギリスの経済学者。マルサスはケンブリッジのジーザス・カレッジを卒業後イギリス国教会の牧師となり、この時期に主著「人口論」を執筆した。初版は1798年、欧文タイトルは「An Essay on the Principle of Population.」。

An essay on the principle of population, or, a view of its past and present effects on human happiness :

by T. R. Malthus.
J. Johnson, ; 1803.

334/186 01070484
<書誌詳細表示>